The winner of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2019 is…

Genta Ishizuka for his work Surface Tactility #11, 2018

After a months-long process, which saw over 2500 submissions whittled down to 29 finalists, our jury have reviewed the short list and crowned Genta Ishizuka as their overall winner. The jury is made up of creative industry leaders and luminaries, including Naoto Fukasawa (only for JAPANESE market), Jonathan Anderson and the Craft Prize’s 2018 winner Jennifer Lee.

Jonathan Anderson, LOEWE creative director, commented on this year’s winner: ‘Ishizuka’s work proves that craft can be open and shows the freedom of creation. His use of an ancient lacquer technique in a contemporary form breaks conventions and represents a new sculptural vision in craft.’

The Jury also agreed upon two special mentions. Harry Morgan for the work ‘Untitled’ from Dichotomy Series, 2018 and Kazuhito Takadoi for the work KADO (Angle), 2018.

From the 26 June to 22 July, Genta Ishizuka’s winning piece and all the finalists’ works will be showcased at a free exhibition at Isamu Noguchi’s indoor stone garden ‘Heaven’ inside the Sogetsu Kaikan building in Tokyo. From ceramics, furniture and glassware, to basketry, jewellery and blacksmithing, the show demonstrates the artists’ quests to reconcile the ancient with the avant-garde.

 

null

Genta Ishizuka
Surface Tactility #11
Urushi, styrene foam balls, 2 way tricot, linen cloth

 

Using the simple motif of a bag of oranges as his point of departure, Ishizuka elevates this humble form through his expert use of lacquer. The allure of the gloss of his material creates an immediately sensual attraction that is contemporary in its appeal, belying the fact that the urushi lacquer technique originates from Japan between the 7th and 8th centuries.

null

Harry Morgan
Untitled' from Dichotomy Series
Glass, concrete

 

Harry Morgan’s work inverts the rules of gravity and creates objects that are completely counterintuitive. Referencing the brutality of architecture and the craft of Venetian glass making, a dense mass of concrete sits on top of a block of individual glass laments. His works establish a powerful relationship between the two contrasting materials as they merge to become one form.

null

Kazuhito Takadoi
KADO (Angle)
Porcelain, glaze, pigment, platinum and steel

 

Working entirely in organic matter grown by himself, Takadoi sews together branches, grasses and reeds to create forms that shift and change as the material matures and evolves. Over time, a more subtle palette of colour is gradually revealed by this process. This work has a severity of form that puts in play ideas surrounding void versus solid, and shadow versus light.


Surface Tactility #11, 2018 by Genta Ishizuka wins the Craft Prize 2019

Jonathan Anderson, LOEWE creative director, commented on this year’s winner: ‘Ishizuka’s work proves that craft can be open and shows the freedom of creation. His use of an ancient lacquer technique in a contemporary form breaks conventions and represents a new sculptural vision in craft.’

The Jury also agreed upon two special mentions:

Harry Morgan, for the work ‘Untitled’ from Dichotomy Series, 2018. The jury commented: ‘This radical work by Harry Morgan is a paradoxical confrontation of materials which don’t belong together. He brings a craft spirit to common materials.’

Kazuhito Takadoi for the work KADO (Angle), 2018. The jury admired the work for ‘being a craft without a name’ and applauded the fact that Takadoi is involved in the piece from conception, from growing the material in his garden to creating an object with a very powerful form.

Jennifer Lee, Winner of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2018, observer of this year’s prize said: ‘This year’s finalists prove that old traditions of making continue to surprise us and be radical and contemporary. The prize makes you inquisitive and opens your mind to new ways of making and working with materials.’

ロエベ ファンデーション クラフト プライズ2019 ファイナリスト

2,500を超える応募の中から、29作品がファイナリストとして選ばれました。

null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null

Jury / Experts Panel 2019

Jury:

 - Anatxu Zabalbeascoa (Chairwoman), Architecture and design correspondent for El País.
 - Benedetta Tagliabue, Architect and Pritzker Prize jury member.
 - Deyan Sudjic, Essayist and Director of Design Museum, London.
 - Enrique Loewe, LOEWE FOUNDATION Honorary President.
 - Hong Nam-Kim, President of the National Trust of Korea.
 - Jennifer Lee, Winner of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize second edition.
 - Jonathan Anderson, LOEWE Creative Director.
 - Naoto Fukasawa, Designer and Director of the Japan Folk Crafts Museum.
 - Patricia Urquiola, architect and industrial designer.
 - Wang Shu, Architect and Pritzker Prize jury member.
 - Wolfgang Lösche, Head of Exhibition and Fairs at the Chamber of Skilled Trades, Munich.

Experts Panel:

- Adi Toch, Metal artist and finalist of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2017.
- Anatxu Zabalbeascoa (Executive Secretary), Architecture and design correspondent for El País.
- Antonia Boström, Director of Collections at the Victoria & Albert Museum, London.
- Joonyong Kim, Glass artist and finalist of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2018.
- Krzysztof Lukasik, LOEWE accessories designer.
- Min Chen, Furniture designer and finalist of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2018.
- Paula Aza, LOEWE Head of Architecture.
- Sara Flynn, Ceramist and finalist of the LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2017.
- Ramón Puig Cuyàs, Jewellery artist.

null

LOEWE Craft Prize 2019 Exhibition
Sogetsu Kaikan, Tokyo

null

LOEWE Craft Prize 2019 Exhibition
Sogetsu Kaikan, Tokyo

null

LOEWE Craft Prize 2019 Exhibition
Sogetsu Kaikan, Tokyo

null

LOEWE Craft Prize 2019 Exhibition
Sogetsu Kaikan, Tokyo

クラフト プライズについて

ロエベ ファンデーションは伝統と現代、芸術的なユニークなコンセプトを組み合わせた作品をターゲットにした「クラフト プライズ」を発表します。 本賞は、性別および年齢を問わず(ただし応募時18歳以上)、優れた美的価値のある作品を生み出す能力を持つ国際的なアルチザンの発掘と支援を目指します。ロエベ ファンデーションは、芸術的先見性と革新性を示し、制作者自身の言葉と卓越した制作力を反映する卓越した作品を表彰することによって、芸術的なクラフトを支援し、伝統を現代的に再解釈して継続的に現代文化へ貢献することを目的としています。

応募作品は、以下の要件を満たしていなければなりません。

- 制作時からライセンス期間終了まで、常に応募者に所有権があること
- オリジナルの一点ものの作品であり、そのすべてまたは一部がハンドメイドであること
- 最近制作されたものであること(過去5年以内)
- 過去の受賞歴がないこと
- 伝統を進化させ、革新的であること
- 芸術的な指針を示していること
- ロエベおよびロエベ財団が設置、輸送可能であること
大賞受賞作品には、50,000ユーロの賞金が授与されます。大賞受賞者およびファイナリスト作品は、2019年春に日本で開催される「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ 2019」展に展示されるとともにそのカタログに掲載されます。

null

Trophy
Alex Brogden, 2016

Trophy
Alex Brogden, 2016

応募方法

応募要項を読み、 すべての要件を満たしていることを確認してください。応募者は、プロとして活躍するアルチザンであり、応募時に18歳以上であること。応募は、個人またはグループのどちらでも構いません。いかなる形態であれ、企業は除外されます。国籍は一切問いません。

作品は、次の条件を満たす必要があります。 
- 制作時からライセンス期限終了まで、常に応募者に所有権があること
- オリジナルの一点ものの作品であり、そのすべてまたは一部がハンドメイドであること 
- 最近制作されたものであること(過去5年以内)
- 過去の受賞歴がないこと
- 伝統を進化させ、革新的であること
- 芸術的な指針を示していること
- ロエベおよびロエベ財団が設置、運搬可能であること
- 陶芸、装丁、エナメル装飾、宝飾、漆塗り、金属、家具、皮革、テキスタイル、ガラス、紙、木材工芸など応用美術の範疇に属するものであること(危険物、取り扱い禁止のもの、死んでいるものおよび生きているものは除外します)

オンライン応募登録は全て英語で記入してください。 
2〜5枚の作品の写真または動画と、作品についてのコンセプトの簡単な記述を2018年10月31日までに提出してください。

 

null

モンテカルロ・バレエ
Le Songe「Gran Teatre del Liceu」にて
写真:Alice Blangero

null

ピーター・ヒュージャー&デイヴィッド・ヴォイナロビッチ
ロエベ グランビア店ギャラリー

null

ロエベ財団インターナショナル・ポエトリー・プライズ
Visor Libros

null

ロエベ マイアミ・デザイン・ディストリクト
アート・バーゼル・マイアミ 2018

ロエベ財団

ロエベ財団は、1988年、文化財団として、ロエベ創業者ファミリーの第4世代に当たるエンリケ・ロエベ・リンチが設立し、現在は、エンリケ・ロエベの娘であるシーラ・ロエベが運営しています。ロエベ財団は、創造性、教育プログラムを促進し、詩歌、舞踏、写真、アートおよびクラフト(工芸)の各部門の伝統を保護し続けています。ロエベ財団は、2002年、スペイン政府による最も権威の高い褒賞であるメリット・ファインアート部門金メダルを受賞しました。

ロエベ財団は、デザインおよびクラフツマンシップを支援することを目的としています。

詳しくは:
ウェブ | www.loewe.com
ブログ | www.blogfundacionloewe.es
インスタグラム | @loewefoundation